最近は、就職活動において企業への連絡方法はインターネット経由がほとんどですが、それでも電話を必要とする場面が多々あります。
例えば・・・
・説明会の予約をする場合
・選考結果は電話で知らせてくる場合がほとんどです
・面接の日程・時間変更のお願い
等があります。

このような時、企業の人事と会話することになるのですが、慣れないうちはすごく緊張しますし、使い慣れない敬語に悪戦苦闘する方も多いと思います。
というわけで、企業と電話する際に気をつける事を紹介していきたいと思います。

まず、慌てた時や、聞き忘れ等がないように、「聞きたい内容」「伝えたい内容」などはあらかじめ簡潔に紙に書いてまとめておくこと。
次に、相手が電話に出たら、たとえ目当ての人でなくても、まず名乗ってから取り次いでもらおう。自分が何処の誰なのかを相手に伝えるのはビジネスマナーの基本中の基本。
また、相手の状況を考慮した言葉遣いが大切だ。「お忙しいところ、お呼び出しして申し訳ございません」「ただいまお時間はよろしいでしょうか」「お手数ですが」などの言葉を効果的に使おう。
そして、電話を切るときは相手が先に切るまで待つこと。いきなり切ってしまうと相手に不快感を与えることもある。

こうした電話でのマナーは社会に出てからも必要になるので、この機会にしっかりと身につけておきたい。

『電話する際のちょっとした気配り』
・携帯電話は極力さけましょう。電波の状況によっては、音声が途切れ途切れになってしまい、双方が聞きづらいだけでなく、面接等の時間を聴き間違える可能性などもあります。
・電話をかける時間は比較的手のあいている午前10時〜11時30分、午後1時30分〜16時が良いと言われています。
・昼休み中・営業時間外・休業日に電話するのは良い印象を与えませんので注意しましょう。

ソーシャルブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録    はてなブックマークに登録
ガイド(執筆者)紹介
  • ドライバーの仕事!ライダーの仕事!編集部【株式会社 Easy Communications】
  • 【ドライバーの仕事!ライダーの仕事!】を運営する株式会社Easy Communicationsの編集部が、皆様に有益な情報を続々お伝えして参ります!

【ドライバーの仕事!ライダーの仕事!】に会員登録すると!

スカウトや新着求人が届く! 企業からのスカウトが届く!最新情報をメールでお届け! 超便利! 履歴書保存やお気に入りなど、様々な機能が使えて超便利!

今すぐ会員登録!