転職する際に必ずやる事で、多くの人が苦手な「退職手続き」。今回は、円満に退職する為のコツを紹介致します。


<<はじめに>>
まず、大前提として、退職しする場合は時間に余裕を持って準備しましょう。

特に同じ業界で転職する場合、どこで前の会社と関係するかわかりません。可能な限り円満に退職することを心がけましょう。
円満に退職するためには、上司の説得、残務整理、引継ぎなどをする必要があります。そういった業務と平行して転職の準備をしていくので非常に大変ではありますが、それは自分の将来の為です。しっかりとこなしておきましょう。

特に、上司や仕事内容、待遇等に不満があって辞める場合は、業務が雑になったり、いきなり退職願を出したくなる気持ちも分かります。ですが、少なからず貴方自身のスキルUP、生活等お世話になっていたのですから、迷惑をかけることのないよう注意して下さい。


<<退職の意思を伝える>>
退職の意思を伝えるのは、1〜2ヶ月前には伝えましょう。
就業規則を見て、たとえ「申し入れは2週間前までに」と書いてあっても、会社の都合もあります。その会社にとっての最低ラインであり、「退職の意思は出来るだけ前に伝える」と考えたほうが良いです。
また、突然辞めたいと言うのではなく、まずは直属の上司に今後の相談をしておいた方が、後々の話しがスムーズに進むことが多いです。
もし、会社に対しての不満が退職の原因であるの場合は、なかなか言いにくいものです。その場合は、本当は会社に対する不満が理由であっても、あくまでも個人的な都合であると伝えましょう。
上司と退職日を相談し、それに向けて残務整理、引継ぎ等を行っていきましょう。


<<退職願>>
「退職届」、「辞表」という人もいますが、正しくは「退職願」です。
退職願は決まった形式がありますので、書き方は以下を参考にして下さい。

『退職願の書き方(縦書きの場合)』
・会社に規定の用紙があればそれに、無い場合は白い便箋に手書きします。
・宛名は、会社名と社長名にします。
・書き出しは一行目の一番下からにします。バランスが悪いですが、会社へのへりくだりを表してします。「私事」「私儀」「私は」等を使い書き始めます。
・日付は退職願を提出する日を記します。
・文中に書く退職希望日は、具体的な日付で記入します。
退社理由は「一身上の都合により」とするのが一般的です。「会社への不満」、「転職するため」などといったことは書かないようにしましょう。
・宛名より高さが低くなるように自分の前を書き、名前の下に捺印します。

*必ず直属の上司に手渡しして下さい。机の上に置いておいたり、同僚に預けるのは厳禁です。


<<仕事の引継ぎ>>
退職する際に、しなければならないことの一つが「引継ぎ」です。
引継ぎに関しては、時間がかかりますし、トラブル等が起こりやすいので、引継いでくれる人に迷惑がかからないよう万全を期すようにしましょう。
引継ぎをスムーズに行うコツは、重点を紙等にリスト化しておくことです。
手順や、資料の場所、利用法等を説明した「リスト」を作り、誰が見てもわかるように整理しておくことがポイントです。

対外的には、後任者の紹介をしておきます。
その際、「自分以上に優秀な人材ですので、ご安心下さい。」といった態度で行うと印象よく受けとめられます。


<<退社日>>
退社当日は、早めに会社に行き、机まわりの掃除や持ち物の整理をしましょう。そして、返却するものはきちんと返し、・離職票・源泉徴収票・年金手帳等、受け取るものは忘れずに受け取りましょう。
基本的に、会社から貸与、支給されたものはすべて返却します。
特に、業務に関するデータや資料などは早い段階で返すように心がけましょう。

ソーシャルブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録    はてなブックマークに登録
ガイド(執筆者)紹介
  • ドライバーの仕事!ライダーの仕事!編集部【株式会社 Easy Communications】
  • 【ドライバーの仕事!ライダーの仕事!】を運営する株式会社Easy Communicationsの編集部が、皆様に有益な情報を続々お伝えして参ります!

【ドライバーの仕事!ライダーの仕事!】に会員登録すると!

スカウトや新着求人が届く! 企業からのスカウトが届く!最新情報をメールでお届け! 超便利! 履歴書保存やお気に入りなど、様々な機能が使えて超便利!

今すぐ会員登録!