今年は、弊社のある東京でも例年よりも雪の日が増え、降雪量も多くなっています。また、スキーやスノーボードのシーズンという事もあり、休日に家族でお出かけする事があるかもしれません。そこで、今回は雪道での運転の心がけについて「発進」や「停止」といった動作毎にお伝えしていこうと思います。

<発 進>
タイヤと路面を噛ませる感覚でスタートしましょう。ハンドルを切った状態で発進するときは特に気を使う事が大事です。
四輪駆動車の場合は、アクセルを強く踏み込んでもスタート出来ますが、無理は禁物です。また、MT車はセカンドでじわっと発進すると良いでしょう。

<停 止>
数回に分けてブレーキをかける「ポンピングブレーキ」を使用しましょう。タイヤをロックさせないよう、ゆっくり減速し、目標より少し手前に止まるような感覚が大切です。車はある程度まで速度を落とすことができても、残り数メートルの部分がなかなか止まらないんです。
初雪の時などには自分の車がどの位の距離で止まれるかを試してみると良いでしょう。

<走 行>
ハンドルはニュートラル状態でアクセルを一定にし、速度と方向を一定に保つ事を心がけて下さい。
尚、AT車の場合は、エンジンブレーキが効くように、オーバードライブを切ると良いです。

<坂 道>
登りは勢い良く、下りは速度を落としブレーキの利き具合を確かめながらゆっくり下りましょう。ギアはセカンドにキープ。
また、FF車は上り坂には弱いので、速度を落とさないよう注意しましょう。FF、FR車は上り坂の途中で停まらないよう気をつける。

<高速道路>
車間距離を十分に取りましょう。
追い越しが必要な際は、車線と車線の間に雪があったり凍結している場合が多いので、急なハンドル操作は行わないようにする。

<トンネル>
トンネルの出入口付近は十分注意しなければならない。特に出口は、強風で車が流されたり、大雪になっていたりと、天候の変化が激しいので、最善の注意を払い運転しなければならない。

<カーブ>
カーブでは手前で十分に減速しておく事が大切です。
カーブの途中で減速すると滑りやすいので非常に危険です。

<駐 車>
駆動輪の位置を考えて、発進時の事を考えて駐車するようにしましょう。大雪の時は、雪落としの作業を考え、隣の車と距離を十分に取っておく。
また、寒さの厳しい日の長時間の駐車では、サイドブレーキは引かないでPかLもしくはRにしておく。


いかがですか?知らなかった事もあるかもしれません。雪道は危険がいっぱいですが、安全運転に心がけて、是非楽しいドライブにしましょう!!

ソーシャルブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録    はてなブックマークに登録
ガイド(執筆者)紹介
  • ドライバーの仕事!ライダーの仕事!編集部【株式会社 Easy Communications】
  • 【ドライバーの仕事!ライダーの仕事!】を運営する株式会社Easy Communicationsの編集部が、皆様に有益な情報を続々お伝えして参ります!

【ドライバーの仕事!ライダーの仕事!】に会員登録すると!

スカウトや新着求人が届く! 企業からのスカウトが届く!最新情報をメールでお届け! 超便利! 履歴書保存やお気に入りなど、様々な機能が使えて超便利!

今すぐ会員登録!